独立診断士セミナー:「クライアントに評価される」コンサルタントになるための5つのパラダイム・チェンジ


主催者(パートナー型コンサルタント研究会)の目的、想い

独立診断士にとって、公的支援業務が縮小しても安定して稼げる状態(一生稼げる状態)をつくるためには、民間企業からの直接受注、ひいては経営コンサルタントとしての顧問契約の獲得が必要です。残念ながら診断士試験は診断知識の習得が主目的で、直接受注を獲得する(クライアントである社長の悩みが解決できることを証明する)ための方法論を身に付ける機会はほとんどありません。

当研究会は、独立診断士がそのマインド・スキル・知識を身に付けながら、コミュニティを形成することを目的としています。各人がそれらを身に付け、コミュニティを築き連携し合うことこそが、一生稼げるコンサルタントへの近道であると考えるからです。

その入門編として位置付けている当セミナー・シリーズでは、大手企業のクライアント・パートナー(顧問)として活躍され、現在は独立診断士指導に積極的に取り組まれている福永先生(元IBM役員待遇コンサルタント、元法政大学ビジネススクール兼任講師)に、5ヶ月に1回程度のサイクルで、独立診断士が心得ておくべき基礎的事項について解説いただいています。

今回は、「どうしたら”クライアントに評価される”コンサルタントになれるのか?」について説明いただきます。セミナーが少しでも参加者の方のお役に立つことを願っています。そして、少しでも当研究会の理念に興味を持っていただけると幸いです。

(福永先生の独立診断士指導内容については、先生が主宰されているO-Flex ビジネス・コンサルティングのホームページ、および先生が書かれているブログのサイトマップを参照ください。このブログは、Google のセキュリティ強化に対応してブログ・アドレスを http から https に変更した結果、Facebookの「いいね」数が 0 になってしまうという災難に見舞われていますが、その前は長文にも関わらず月間ページ・ビューが8000にも達していた人気ブログです。)

パートナー型コンサルタント研究会 幹事一同

独立診断士の悩み: どうしたら「クライアントに評価される」コンサルタントになれるのか?

独立した診断士が、公的機関からの仕事だけではなく民間からコンサルティングの仕事を取ろうとすると、何をどこから始めれば良いのかがわからない、そもそも自分にそのような仕事ができるのだろうか、などの様々な不安にかられるものです。

たとえば我々の周りの診断士にちょっとヒアリングしただけでも、次のような困りごとが寄せられます。

  • コンサルタントとして、どうしたらお客様に成果を感じてもらうことができるか。
  • コンサルタントとして、民民契約でお客様にお金を支払ってもらうためには、どのような水準のコンサルティングが求められるのか。
  • 中小企業診断士によくある公的機関の仕事や補助金支援で食えるようにはなったが、その先のキャリアアップ(成長ステップ)が見えていない。
  • 低単価な仕事に留まっており、中小企業診断士として一生稼ぐ方法が思いつかない。
  • 中小企業診断士ではない民間コンサルタントの方が稼いでいるように感じるが、中小企業診断士として、どのように稼ぐべきか分からない。
  • 公的機関の仕事から民民につながったものもあるけれど、件数は多くないし、単価も安いのでたいした稼ぎにはならない。どうすればもっと単価の高い民民契約がとれるのかがわからない。単価の高い民民契約を次々ととる方法もわからない。
  • 公的機関の仕事でも公的機関以外の仕事でも、仕事をもらうために診断士協会のスタッフになったり研究会にはいったりしているが、民民にはなかなかならないし、なっても単価が安い。単価の高い民民の仕事をとるためにどう営業したらいいのかがよくわからない。

 

独立してしばらくたった頃にこのような悩みを抱くのは、当然のことです。悩むことは、その後の成長のためにも大切なことです。

しかし、悩んでいるうちに堂々巡りになり、そこから抜け出せなくなってしまう人もかなりの数見受けられます。その理由は、これらの悩みの中には、「クライアントへの提供価値」、「単価」、「コンサルタントとしてのキャリア」、「顧客獲得」などのキーワードが複雑に絡み合っていて、その関係を解きほぐせないからです。

このセミナーでは、独立診断士指導に積極的に取り組まれている福永先生に、このような困りごとを解決するにあたって、独立診断士がどのような心構えで臨むべきかについて解説いただきます。

セミナーでお話しすること:「提供価値」、「単価」などの相互関係を理解し、問題を解けなくしている自分の前提条件を変えるための5つのパラダイム・チェンジ

上記の絡み合いを解きほぐすためには、キーワード相互の関係を認識した上でどの順で考えていくべきかを理解することと、その各段階で問題を解けなくしている自分の前提条件に気づき、それを変える(パラダイム・チェンジをする)ことの2つが必要です。

本セミナーでは、これらを実行するために必要な5つの意識改革と、そこでどのような選択をすべきか、を解説します。

  1. 自らのビジネス・モデルを決める: 診断士として、公的機関の仕事だけをするのかどうかを決める。それだけでなく、民間からの仕事を取るのなら、目標年収と稼働時間を決める。すなわち、単価を決める(2以降の記述は、民間からの仕事を積極的に取る場合にのみ当てはまります。公的機関の仕事だけで十分であれば、当セミナーはお役に立てませんので、申し訳ありませんがセミナーへの参加はお見合わせください)
  2. ビジネスモデル構築のために何に時間を投資すべきか、その考え方を変える
  3. クライアント側から見てのコンサルタントのキャリア・マップを理解し、その順でキャリア設計する
  4. どういう価値を提供するコンサルタントになるのか(実績か、方法論か、それともよろず相談か)を決める。その上で、クライアントへの提供価値を構築するための選択をする。(クライアントは誰か、その困りごとは何か、困りごとの解決に使える自分の強みは何か、その結果何をコンサルティング・ドメインとして選ぶか)
  5. どうやって潜在顧客に繋がるか、また、コンサルティング契約をどう獲得するかの方法を決める:ネットワークを通じて紹介してもらうのか、それとも自ら顧客を開拓するのか、潜在顧客一人一人からの獲得確率を高めるのか、それとも数多く当たるのか、そのためには何をするかを決める

このセミナーに参加していただきたい方

パートナー型コンサルタント研究会では、最終的には「一生稼げるコンサルタント」のコミュニティを作ることを目指していて、当セミナーをそのきっかけ作りと位置付けています。そのため、次のような方に優先して参加いただきたいと考えています。

  1. 診断士として独立後1年は経過しており、最低限の生計の目処は立てており、今後の自らの道をどう切り開こうか悩み始めている方
  2. 自分の将来の成長に向けて、時間とお金を投資するマインドのある方
  3. 最初のステップとして、何らかの自分の専門分野を固め、自ら発信してクライアントを獲得していこうという意思のある方
  4. 将来、パートナー型コンサルタントとして特定のクライアントに寄り添って、クライアントの悩みを一緒に解決していこうという志を持つ方

セミナーの定員、日程と参加費

定員:20名 (「密」を避けて、いつもより広い会場、かつ少ない人数で実施します。)

日程

2020年9月27日(日) 15:00-17:00

参加費:無料

なお、セミナー終了後に交流会(参加任意、参加費4,000円程度)も予定しておりますので、合わせてご検討ください。

会場案内および申込み方法

会場: 東京都港区新橋2-14-4 マルイト新橋レンガ通りビル 4F (アクセス方法はこちらです

コロナの感染状況によっては、Zoomミーティングへの変更もあり得ます。その節は、申し込みされた方に別途ご連絡いたします。

申込み方法:

セミナーへのお申し込み・お問い合わせはこちらへ

講師:福永光一 (プロフィール)

東京大学大学院卒、工学博士。三菱総合研究所、IBM東京基礎研究所を経てIBMコンサルティンググループに異動し、役員待遇のパートナーに。

有名企業の潰れかけていた電子部品事業部のNOKIAからの受注率を大幅に向上させるなどで、600人を超える製造業担当コンサルタントの中TOP1%に入り、クライアントチームに社長賞を3回受賞させる。最低でも3人3ヶ月3000万という高額にもかかわらず、一度も値引き交渉に応じることなく継続した顧問先を確保した経験から、社内コンサルタントを指導する立場に。

九州工業大学大学院の客員教授、法政大学大学院のMBAコースの客員教授及び兼任講師を務め、2009年にIBMを定年退職。その後、オラクルの統括本部長を務める。

現在は投資持株会社 Japan Perpetual Holdings の取締役として、傘下の本来はポテンシャルがあるにもかかわらず何らかの経営上の問題を抱えている中小企業の経営改革を指導するとともに、O-Flex ビジネス・コンサルティング代表として後進の育成に情熱を注いでいる。

パートナー型コンサルタント研究会 幹事連絡先

パートナー型コンサルタント研究会 幹事

  • 岩瀬敦智(中小企業診断士) iwase@ryutsukeiei.jp 080-4332-9104
  • 大石泰弘(中小企業診断士) yasuhiro.oishi.xh@gmail.com 080-7948-3270
  • 新田慶子(中小企業診断士) im14w0117@im.i.hosei.ac.jp 090-1997-6247
  • 髙橋規尊(中小企業診断士) n.taka0411@way.ocn.ne.jp 080-3413-8039