中小企業の「変われない」を変える「4つの規律」:街の電器屋さんのどんぶり勘定改革事例に学ぶ

中小企業の「変われない」を変える「4つの規律」:街の電器屋さんのどんぶり勘定改革事例に学ぶ

街の電器屋さんの苦境の主因は「どんぶり勘定」から変われないこと 逆境を跳ね返す地域一番店戦略:街の電器屋さんの3類型 で述べたように、街の電器屋さんの多くは、存亡の危機に瀕しています。量販店の低価格政策に対抗できず追い込…

中小企業が取るべきブランド戦略は、「こだわりと約束」

中小企業が取るべきブランド戦略は、「こだわりと約束」

ブランド論を名前やロゴの選び方と捉えると使えない 消費者として行動しているときは、ブランドの価値はよく理解できますよね?高くてもなぜかお気に入りのブランドの商品を買ってしまう、などのことは誰でも経験しています。 しかし、…

コンサルティング営業で成功するためには、理詰めの方法ではなく感情トリガーの使い方を知っておく

コンサルティング営業で成功するためには、理詰めの方法ではなく感情トリガーの使い方を知っておく

コンサルティング提案が売りにくい理由は、無形だからではなく感情に配慮しないから コンサルタントなら誰でも、コンサルティングの提案は売りにくい、その理由はコンサルティングの成果が得体の知れない無形のものだからだ、と思ってい…

事業計画書の見直しの頻発を防ぐリスク管理

事業計画書の見直しの頻発を防ぐリスク管理

作り直しが頻発する「逃げの」経営改善計画 事業計画一般の話をする前に、今日のテーマが極端に現れる経営改善計画の話をします。 (経営改善計画とは、借入金の返済等、財務上の問題を抱えていて、自ら経営改善計画等を策定することが…

中小企業マーケティング:大手が参入しにくい市場で高付加価値製品・サービスを見つける

中小企業マーケティング:大手が参入しにくい市場で高付加価値製品・サービスを見つける

マーケティングの教科書はB2Cの大企業向け 中小のB2B企業の業務改革のコンサルティングをしていて、ついつい遠ざけがちになる領域がマーケティングですよね?マーケティングの教科書に書かれている内容に、なかなか共感できないか…

「新業務プロセス」の設計法:ドラッカーの目的指向原則に学ぶ

「新業務プロセス」の設計法:ドラッカーの目的指向原則に学ぶ

 全く新しい業務プロセスの「設計」には、業務フロー分析は使えない 業務改革に携わるコンサルタントが使用する基本的な道具に、業務フロー分析というのがありますよね?SEが上流のコンサルタントに転身したいと思った時に、真っ先に…

ブランド店の接客は、モノではなくソリューションを売っている

ブランド店の接客は、モノではなくソリューションを売っている

 人気がある専門店チェーンで顧客が買うのはストーリー 私は普段はB2B企業のコンサルティングをしていますが、ふとしたことで専門店チェーン(B2C)の業務プロセスの分析に携わったことがありました。今日は、その時に気づいたこ…

トヨタに学ぶべきオフィス改革の本質は「情報のムダ取り」

トヨタに学ぶべきオフィス改革の本質は「情報のムダ取り」

本に載っているトヨタ式「オフィスのムダ取り」に感じる違和感 最近は少し凋落気味ですが、かつては日本の製造業の生産性は世界一だと言われていました。それに比べて、オフィスの生産性は先進国の中でも非常に低く、製造業に学べと言わ…

リアルオプション理論の常識に学べば販管費比率を低減できる

リアルオプション理論の常識に学べば販管費比率を低減できる

日本企業の売上高営業利益率の低さの問題 少し古いデータですが、日本企業の売上高営業利益率は、米国企業と比べて製造業及び非製造業とも約6%低いということがわかっています。(大津広一、「企業価値を創造する会計指標入門」参照)…

ブランド・イメージ向上に必須の情報管理体系整備

ブランド・イメージ向上に必須の情報管理体系整備

情報管理の巧拙が産む梱包事故 皆さんが何万円もするパソコンのようなデジタル精密機器を買われたとします。宅配便で送られてきた時に、梱包材が凹んでいたとしたら、どのような気持ちになりますか? 「中身は大丈夫だろうか?それにし…