業務改革の究極の姿は、「上流」に行くことでHowではなくWhatの情報交換を可能にすること

業務改革の究極の姿は、「上流」に行くことでHowではなくWhatの情報交換を可能にすること

業務改革でなぜ「上流」に行くことが重要か? 営業改革でもシステム開発改革でも何でも「上流に行くことが重要だ」とよく言われます。感覚的にはそうだと思っても、その理由を説明せよと言われると言葉に詰まるのではないでしょうか? …

業務改革の目的実現(分業の弊害をWin-Winで解決)のコツは先行対処:調達改革の事例をもとに

業務改革の目的実現(分業の弊害をWin-Winで解決)のコツは先行対処:調達改革の事例をもとに

分業方式を変化させる業務改革の成功にはWin-Winが必要 業務が設計されたそもそもの目的は、会社の仕事を効率的に回すことです。そして、効率化の主要手段は分業です。 その分業がうまく働かなくなったときに、業務改革のために…

調達戦略を理解するための3つのフレームワーク

調達戦略を理解するための3つのフレームワーク

調達における専門性とは何か、それをどうすれば理解できるか? どのタイプの企業でも、調達部門の社内的地位が低く、向学心に燃えたコンサルタントの人たちの興味は惹かないようです。それを反映してか、先週の記事スループット経営にお…

部品中心時代の調達部門の戦略性

部品中心時代の調達部門の戦略性

付加価値と外部購入費にまつわる環境変化 売り上げでも利益でもなく、付加価値(スループット)向上をするように経営者をガイドする方法 でも述べたように、企業が継続的に成長するためには、顧客に企業の付加価値(スループット)を認…