SCMで機会損失/不良在庫を削減するための「不確かな」消費者需要の先行指標の作り方

SCMで機会損失/不良在庫を削減するための「不確かな」消費者需要の先行指標の作り方

SCMの問題(最終需要の不確かさ)の根本原因は、最終需要が遅行指標であること ここ3回の記事で述べてきたように、サプライチェーン改革の目的は、サプライチェーン全体の機会損失と不良在庫の防止です。そのためには、サプラーチェ…

消費者向け製品メーカーのSCM取組ステップ:販売と生産の悪魔のループの解決

消費者向け製品メーカーのSCM取組ステップ:販売と生産の悪魔のループの解決

消費者向け製品メーカーの悩み:不確定な需要 大量生産・大量消費が終わった現代の成熟社会では、そのパラダイム変化に応じたサプラーチェーン全体での機会損失と不良在庫を削減するための全体最適が必要とされています。すなわち、対策…

部品メーカーのSCMに必要なのは、納期確約ができ同時に不良在庫を防止できる俊敏生

部品メーカーのSCMに必要なのは、納期確約ができ同時に不良在庫を防止できる俊敏生

事業内容によるサプライ・チェーン・マネジメント要件の違い 前回(サプライチェーン改革の目標:全体スループット増大=「私たちはお客様をお待たせしません」)で、サプラーチェーン全体での機会損失と不良在庫の削減の必要性を論じ、…

サプライチェーン改革の目標:全体スループットの増大=「私たちはお客様をお待たせしません」

サプライチェーン改革の目標:全体スループットの増大=「私たちはお客様をお待たせしません」

資本効率を業務面で支えるのはビジネス環境に合ったサプライチェーン 先週までは、「売上高利益率」しか考えていない経営者に正しい経営視点を持つように迫るための知識などで、自社の経営視点から、物事をどう判断すべきかについて述べ…