現状分析の落とし穴を避けるコツ:原因と結果の時間差を追跡する

現状分析の落とし穴を避けるコツ:原因と結果の時間差を追跡する

現状分析の視野が狭く見落としがあるのは? 若手コンサルタントのAさんは現状分析に苦手意識があり悩んでいます。いつも考え落ちがあり、それを先輩のBさんに指摘されているからです。 例えば、ある地方の製造小売のチェーン店の売り…

現状分析は単なる「観察」ではない。「変えられるもの」を見つけるところまでやらないと、解決策は得られない

現状分析は単なる「観察」ではない。「変えられるもの」を見つけるところまでやらないと、解決策は得られない

コンサルタント初心者の問題は、現状分析が浅くて実効のある解決策を示せないこと コンサルタントの問題解決能力養成ゼミをやっていて、最近気になっていることがあります。 ゼミ生の話を聞いていて、現状分析をきちんとせずにすぐに解…

現状分析に否定形を使うと問題解決に行き詰まる

現状分析に否定形を使うと問題解決に行き詰まる

幼稚な現状記述が中身のない(実行できない)解決策を生む 何人かのグループで問題解決に取り組んでいるのだが、提案した解決策が実行できない、あるいは一向に成果が上がらないということを繰り返している、ということは経験していませ…