前回までで、市場で仕事を得る活動をするためには、希少資源である認知・注目と信頼を獲得する方法を身につけるべきことをお伝えしました。ここからは、注目と信頼の確保には以下の作業が必要となることを、順に説明していきます。 顧客…

前々回述べた自己変革スキルを、後付けで自分のキャリアに適用してみた説明の第2回(全2回)です。 次の自己変革は、全くの突然に考える羽目になりました。定年の前の年に起こったリーマンショックが原因です。 コンサルタントとして…

前回までで、市場で仕事を求めるためには、安心社会から信頼社会への乗り換えの決心をしておく必要があることを述べました。 この決心ができて市場で新たな仕事に就く機会を求めようとするなら、まず市場が何を求めているかを理解するこ…

前回は、仕事を探すためには相対取引から離れ市場取引に身を任せるべきで、そのためには一見簡単な幾つかのアンラーニングを行うべきだ、でもそれができる人が少ないと書きました。今日は、その簡単なことができない根本原因について考え…

前回は、定年を控えて新たな仕事探しをするのなら、かなりラッキーな場合を除いては、これまでの相対の世界を離れて市場を通して考えるべきだとお伝えしました。今日は、市場を相手に何をどう考えるべきかについてお話しします。 まず、…

ここ何回か自己変革そのものの考え方について少し詳しく述べ的ましたが、ここからは人生100年時代に稼ぎ続けるために考えるべき個別の変革点について説明していきます。 最初に考えるべきことは、定年が近づきこれまでの会社生活に囚…

前々回述べた自己変革スキルを、後付けで自分のキャリアに適用してみた説明の第2回(全2回)です。   次の自己変革は、全くの突然に考える羽目になりました。定年の前の年に起こったリーマンショックが原因です。 &nb…

前回述べた自己変革スキルを、後付けで自分のキャリアに適用してみた説明の第1回(全2回)です。 42歳の時点では、私は外資系の基礎研究所の上位管理職(部長職)をしていました。33歳で転職した時は一生現場の研究職のつもりでし…

先日、人生100年時代を生き抜くために重要な変身資産を蓄積するに当たって、まずは自己革新の心構えが重要である、そのためにはガードナーの本を読むと良いと述べました。 でも、心構えができだけで変身資産は自動的に蓄積されてはい…

今日は先日述べた以下の変革点②について、若干補足をしておきたいと思います。 強化する無形資産: 生産性資産(スキル・知識) → 変身資産(アンラーニング、自己変革スキル) リンダグラットンの「ライフシフト」には、これから…